NGCのブログ

株式会社エヌジーシーのブログです。 3DCG、VFXを用いた映像作品をはじめとするデジタル・コンテンツに関する情報提供を目指します。特に、Autodesk Maya®、Flame® についての最新情報やバグ情報、イベント情報を更新しています。

NGCのブログ イメージ画像

Autodesk

●Autodesk Maya 2016 Service Pack 4のダウンロード●Autodesk Maya 2016 Service Pack 4のリリースノート※Service Pack 4にはこれまでのサービスパックが含まれています。※Mentalrayレンダラ(mentalray Plugin for maya2016 SP4)は別のパッチになっていますので、必ずダ

●Autodesk Maya 2016 Service Pack 3のダウンロード●Autodesk Maya 2016 Service Pack 3のリリースノート※Service Pack 3にはこれまでのサービスパックが含まれています。※Mentalrayレンダラ(mentalray Plugin for maya2016 SP3)は別のパッチになっていますので、必ずダ

●Autodesk Maya 2016 Extension 1 + Service Pack 3はAutodeskアカウントよりダウンロードして下さい●Autodesk Maya 2016 Extension 1 + Service Pack 3 リリースノート●Autodesk Maya 2016 Extension 1  機能紹介ムービー● Autodesk Maya 2016 Extension 1 の新機能(Ma

3ds Max 2016 Extension 1 をAutodesk アカウントからダウンロードする場合、ダウンロードする場所によってインストーラの内容に違いがあるので注意して下さい。Autodesk アカウントからは下図のように2つの方法でExtention1をダウンロードすることが可能です。[製品の更新]
『3ds Max 2016 Extension 1 のダウンロード及びインストールについての注意点』の画像

■Autodesk Stingray Features■Stingray Engine●Introducing the Autodesk Stingray 3D game engine ●Stingray art to engine workflows ●Autodesk Stingray integrated game development tools ●Autodesk Stingray simplifies mobile development and testing ●Au
『Autodesk Stingray 紹介ムービー』の画像

YouTubeのAutodeskチャンネルに、3dsMax 2016 Extension 1の機能紹介ムービーがアップされています。●3ds Max 2016, Extension 1: TextPlus, Live Link with Stingray and Creative Market ●3ds Max 2016, Extension 1: Features for Games Artists ●TextPlus in 3ds Ma
『Autodesk 3dsMax 2016 Extension 1 機能紹介ムービー』の画像

YouTubeのAutodeskチャンネルに、Maya 2016 Extension 1の機能紹介ムービーがアップされています。●Maya 2016 Extension 1 Overview ●Maya 2016 Extension 1: New Look Development Shading Nodes ●Maya 2016 Extension 1: Improved Vector Graphics Workflow     ●
『Autodesk Maya 2016 Extension 1 機能紹介ムービー』の画像

このソフトウェアをインストールするには、3ds Max 2016がインストールされている必要があります。●Autodesk 3ds Max 2016 Extension 1はAutodeskアカウントよりダウンロードして下さい●Autodesk 3ds Max 2016 Extension 1の新機能※注意3ds Max 2016 Extension 1 をAutode

このソフトウェアをインストールするには、3ds Max 2016がインストールされている必要があります。 詳細はリリースノートを参照してください。●Autodesk 3ds Max 2016 Service Pack 1のダウンロード●Autodesk 3ds Max 2016 Service Pack 1のリリースノート

●Autodesk Maya 2016 Service Pack 2のダウンロード●Autodesk Maya 2016 Service Pack 2のリリースノート※Service Pack 2にはこれまでのサービスパックが含まれています。※Mentalrayレンダラ(mentalray Plugin for maya2016 SP2)は別のパッチになっていますので、必ずダ

オンラインでAutodesk製品をダウンロードする際にはAutodeskアカウント(旧Subscriptionセンター)へログインする必要が御座います。ログインは下記のページからお入り下さい。【Autodeskアカウント】https://accounts.autodesk.com/Autodesk IDが分からない、新しく作る方法
『Autodeskアカウントについて』の画像

◆お問い合わせ、お見積はこちらhttp://www.ngc.co.jp/cgcontact/フォームからのお問い合わせが送信できない場合は下記メールアドレスへお問い合わせ下さい。◆Autodesk Maya、Autodesk 3ds max等3DCGソフトウェアの販売およびサポートについてのお問合せ先BSI事業部 DCC
『Maya,Maxの割引キャンペーンは7月17日まで。』の画像

◆ Autodesk Maya 2016 Service Pack 1◆Maya2016のSP1がリリースされました。Maya2016 SP1、mentalrayのダウンロードはこちらからhttp://knowledge.autodesk.com/support/maya/downloads/caas/downloads/content/autodesk-maya-2016-service-pack-1.html?v=2016

Maya2016で、オブジェクトにマテリアルをアサインしIPRを実行するとクラッシュする不具合が報告されております。現在の所、この不具合の回避策は無いとの事です。Maya2016で作業されているお客様は、ご注意下さいませ。以下、公式サイトの情報です。Autodesk -Technical

<不具合>Maya、MayaLTで、カスタムマーキングメニューをホットキーとしてAlt +kに割り付けて実行すると、毎回エラー音が鳴ります。<回避法>こちらは、Maya,MayaLTの不具合です。別のキーを設定するか、システム音を消してご利用下さい。詳細は下記

<Q>スムーズメッシュプレビューのサブディビジョンレベルを6に設定し[修正] > [変換] > [スムーズ メッシュ プレビューをポリゴンに]を適応させたところレベルが4の結果となりました。サブディビジョンレベル6の結果で変換することは可能ですか?<A>分割レベルが4に戻

Q:Softimageのデータは、どうやってMayaにインポートすればいいのですか?A:Softimageのシーンデータ(.scn)はそのままMayaへインポートすることができません。その為、FBXやdotXSIへ変換し、Mayaへ読み込む必要があります。<SoftimageでFBXに書き出しをする

↑このページのトップヘ