Maya2017では標準レンダラとしてArnoldが搭載されております

※Mentalrayは搭載されませんので、Mentalrayを使用するには、
  別途、Nvidiaから購入する必要があります。
  まだ詳細は決まっていないようですので、追ってご案内いたします。

Arnold for Maya 

Changes to rendering in Autodesk Maya 2017(機械語翻訳)
Arnold for Maya ユーザ ガイド(英語)
mental ray から Arnold への移行ガイド(英語)
 

ただし、バッチレンダーのライセンスはありませんので注意が必要です。
バッチレンダーやbackburnerジョブの作成をすると、レンダリングはできますがウォータマークが入ります。

Arnold for Maya と Arnold の違い
この Arnold for Maya のローカル バージョンは、Maya 内でのみインタラクティブに動作します。
1 つのフレームまたはフレームのシーケンス※をインタラクティブにレンダーすることができます。
ただし、バッチ レンダリングと mayabatch.exe からの呼び出しは使用できず、イメージには透かしが表示されます。
透かしのないイメージをレンダーするには、Solid Angle の Web サイトから Arnold バッチ レンダー ノードを購入してください。

※バッチレンダーを使わずにフレームのシーケンスをレンダリングする方法として、新しく「シーケンスレンダー」が追加されました。