Softimage 2014 の mental ray サテライト分散レンダリング(Distributed Rendering)のご設定方法は
以下の手順となります。


1. Softimage 2014 がインストールされたマスターコンピュータとスレーブコンピュータを用意します。
 
2. マスターコンピュータ上で、コマンドプロンプトを管理者権限で開きます。
 
3. メモ帳などのテキストエディタを使い、servicesファイルに以下の行を追加します。(ポート番号は適宜変更してください。)

【 2014 】
mi-raysatsi2014_3_11_1_1 7023/tcp   #mental ray 3.11 Satellite for Autodesk Softimage 2014

4. Softimageのコマンドプロンプト上から mental ray のサービスをインストールするために、以下のコマンドを実行します。

【 2014 】
raysatsi2014_3_11_1_1server /install

5. サービスが正しくインストールされ、起動しているかを確認します。

6. 続いて、全てのスレーブコンピュータ上でも同様にサテライトサーバーのサービスをインストールします。(手順3から5)
 
7. マスターコンピュータ上で、User Tools から ray3hosts ファイルを開き、スレーブのホスト名(或いはIPアドレス)とポート番号を追加します。

8. マスター/スレーブコンピュータにおいてファイアウォールなどを導入している場合は、使用するポート番号が開放されているかご確認の上、レンダリングを実行してください。

オートディスク社のAutodesk -Technical Q&A-に、分散レンダリングの詳細が記載されておりますので
こちらも合わせてご覧下さい。

<サテライト分散レンダリングの設定(Softimage 2014) > (QA-8099)
http://tech.autodesk.jp/faq/faq/adsk_result_dd.asp?QA_ID=8099

記事担当:宮下