NGCのブログ

株式会社エヌジーシーのブログです。 3DCG、VFXを用いた映像作品をはじめとするデジタル・コンテンツに関する情報提供を目指します。特に、Autodesk Maya®、Flame® についての最新情報やバグ情報、イベント情報を更新しています。

NGCのブログ イメージ画像

更新情報

Autodesk Flame 2018からアプリケーションのライセンス形態ならびに提供方法が変更されています。 Autodesk Flame Premium、Flame、Flame Assist、Lustre および Flare(Flame Family製品)の次のリリース(2018)より、Autodesk Maya® や Autodesk 3ds Max® などの他の

Flame 2018 がリリースされましたバグフィックスなどの詳細はリリースノートを参照して下さい●Flame Premium 2018 リリースノートまた以下のサイトより新機能などを確認できます。●The Flame Learning Channel●Flame 2018 Whats's newインストーラーはAutodesk Accountよ
『Autodesk Flame 2018 がリリースされました。』の画像

Autodesk Maya 2017 Update 3 には新機能の追加とセキュリティの向上に加え、いくつかの重要なバグ修正が含まれています。●Autodesk Maya2017 Update 3 の新機能●Autodesk Maya 2017 Update3 リリース ノート●ダウンロードはAutodeskアカウントより※Windows オペレーティ
『Autodesk Maya 2017 Update 3 がリリースされました』の画像

Autodesk Flame Familyを使用していく中で、できるだけトラブルを少なくするためのTIPSをご紹介します。今回は・Desktop ReelをClearして終了する・LibraryをCloseして終了する・Libraryを複数に分けて運用する・BFX Backupを使用するという内容をご紹介しています。以下より

この更新プログラムはセキュリティに関する 3dsMax 2017 の既知の問題を修正します。このパッケージには 3dsMax 2017 のすべての Service Pack と Update 1 も含まれています。【前提条件】この更新プログラムをインストールする前に 3ds Max 2017 がインストールされている
『3ds Max 2017 Update 1 セキュリティ修正がリリースされました』の画像

この更新プログラムはセキュリティに関する 3dsMax 2017 の既知の問題を修正します。このパッケージには 3dsMax 2017 のすべての Service Packも含まれています。【前提条件】この更新プログラムをインストールする前に 3ds Max 2017 がインストールされている必要があります
『3ds Max 2017セキュリティ修正がリリースされました』の画像

NVIDIA Mentalray 3.14 for Maya2017がNvidiaサイトよりダウンロード可能です。https://www.nvidia.com/object/nvidia-mental-ray-products.html1フレームのレンダリングであればFreeで利用できるようです。バッチレンダリング、ネットワークレンダリングは有料ライセンスが
『NVIDIA Mentalray for Maya2017が利用可能です』の画像

Autodesk Maya 2017 Update 2 がリリースされましたAutodesk Maya 2017 Update 2 には新機能の追加とセキュリティの向上に加え、いくつかの重要なバグ修正が含まれています。●Autodesk Maya2017 Update 2 の新機能●Autodesk Maya 2017 Update2 リリース ノート●ダウンロー
『Autodesk Maya 2017 Update 2 がリリースされました』の画像

3ds Max 2017 Update 1がリリースされましたUpdate1 の機能ブレンド ボックス マップブレンド ボックス マップを使用すると、複雑な UV マッピングが必要な従来の方法よりもはるかに単純な方法で、オブジェクトにマップを投影することができます。汚れのように細かいものを適
『3ds Max 2017 Update 1がリリースされました』の画像

株式会社エヌジーシーは、11月16日から18日に幕張メッセで開催される「InterBEE 2016」に出展いたします。エヌジーシーブースでは、撮影素材等の高速転送を実現する「OpenText Media Management Secure MFT」、DailyMedia 作成、RAW プレビュー、カラコレ、更には編集まで1
『『InterBEE 2016』出展のご案内』の画像

↑このページのトップヘ